學院の名前:瀋陽體育學院

元の名前:東北體育學院

英語名前:Shenyang Sport University

Shenyang Physical Education Institute

創立時間:1954年

學院隸屬:國家體育總局與遼寧省人民政府共建,以遼寧省政府管理為主

學院の所屬:國家體育総局と遼寧省人民政府が管理するが、主として遼寧省人民政府が管理する。

住所:瀋陽蘇家屯區金銭松東路36號

郵便番號:110102

ホームページ:www.jlasesoria.com

位置:本學院は中國東北地方にある遼寧省の首府の瀋陽に位置する。キャンパスは瀋陽市渾河の南岸に位置し、敷地面積は約71.4萬平方メートルである。瀋陽郊外の南東部にある山に雪上スポーツセンターが建てられ、敷地面積は約41.4萬平方メートルである。

黨委員會書記:姚守齊

學長:劉征

沿革

1954年東北體育學院は1954年に創立さた中央人民政府運動委員會に管理される。東北師範大學體育學科の一部と東北體育訓練クラスからなった。學院の住所は瀋陽北陵公園に近い元の東北大學スポーツ場の周辺にあった。

1954年東北體育訓練クラスは東北體育學院から分かれる。

1956年瀋陽體育學院と改稱される。

1958年遼寧省政府に管理され、遼寧省體育運動委員會に主に管理される。

1960年體育學部と運動學部設立される。その後、運動學部は本學院から分けて、1984年まで、運動學部とよばれる。今の遼寧省運動技術學院になる。

1963年瀋陽市體育學校を合併

1966年プロ文化大革命爆発、學生を募集しない。

1969年遼寧省北鎮県青堆子農業に引越し、翌年、瀋陽にもどる、

1970年青少年體育訓練チームの選手を募集し始める。

1973年労農兵という學生を募集する。

1977年大學試験を回復する。

1980年國家體育運動員會に管理され、付屬競技體育學校設立する。

2001年國家體育総局と遼寧省政府は共に建設するが、遼寧省政府を主として管理體制である。遼寧省教育庁と遼寧省體育局は共に管理し、體育局を主として管理方式である。

2007年新しいキャンパスに引越しする。

學部と學科の設置

體育教育學部: 體育教育學科、社會體育學科

運動訓練學部: 運動訓練學科

民族伝統體育學部: 民族伝統體育學科

運動人體科學學部: 運動人體科學學科

人文科學學部: ニュース學科、英語學科、演蕓學科

管理學部: 市場マーケティング學科、公共事業のネジメント學科、旅行管理學科

大學院

継続教育學院

付屬競技體育學校

付屬體育學校(短期大學を含む)

學生と教師(2007年6月までに)

本學院には全日制學生が6592人、そのうち學部生が6176人いる。選任教師は464人いる。そのうち、教授45人、助教授159人いる。博士指導教師は3人、院生指導教師は97人いる。修士と博士の學歴を持っているのは233人いる。

キャンパスと施設2007年6月までに)

  1. 新しいキャンパス

キャンパスの面積:71.4萬平方メートル(1072ムー)

建築面積:21萬平方メートル

建てられている面積:7平方メートル

主な施設:

図書館

教育用樓

科學技術実験樓

オフィス樓

陸上競技館

バスケットボールとバレーボール館

武術と體操館

卓球とバトミントン館

陸上競技場

水泳館(建設中)

テニス館

大學生活動センター(建設中)

付屬競技體育學校総合樓

學生食堂

大學生アパート(12棟。使用中6棟、建設中6棟)

留學生アパート

育成センター(建設中)

室外にはサッカーやテニスコートやバスケットボールコートやローラースケートコートや素質開拓訓練場などが21箇所ある。

白清寨雪上運動センター

敷地面積:41萬平方メートル(628ムー)

  1. 雪上運動中心

占地面積:41萬平方米(628畝)

建築面積:約7000平方メート

  1. 主な施設:総合樓(選手アパートとスキー用道具ホール)、ホテル(2棟)。雪上運動中心にはフリースタイルエアリアル、ハープパイプスキースノーボード練習及び試合場や上級スキーコース、中級スキーコース、大衆スキーコースや素質開拓養成場がある。

古いキャンパス

フリースタイルエアリアル夏季練習場、學院に南にある集団団地総合サービス樓など

教育特色

辦學特色

本學院は體育學校が教育を運命する使命を堅持し、教育、訓練、科學研究の領域を結合することが行われて、いろいろな応用體育人材を全面的に養成する。

本學院は競技體育の氷雪項目を突き出て、その他のスポーツ項目も考慮する。優れた大學選手はフリースタイルエアリアルスキー、スピードスケート、ボクシングなどの項目では、わが國のために、歴史の記録を連続的に破った。

2006年のイタリアで開催された第20回冬季オリンピック大會でフリースタイルエアリアルスキーで雪競技では當學院の選手が金メダルを一つ、銀メダルを一つ獲得した。特に韓暁鵬さんが中國男子として冬季五輪初の金メダルを獲得した。中國選手は冬季オリンピック雪上競技で金メダルゼロの記録を破った。第10回アジア大會で、當學院の選手斉晶らが、ボクシング、陸上競技では金メダル一つ、銀メダル三つ、銅メダル三つ成績を取った。

本學院は自身の教育優勢で、國家と地方の體育発展の戦略のためにサービスし、國家體育総局氷雪運動訓練基地、國家級社會體育指導員養成基地、中國障害者連合會の訓練基地、國家體育総局氷雪、ボクシング、テニス、サッカーの國家級コーチの持ち場育成基地である。

科學研究

本學院の科學研究事業は三つの分野をめぐって行われる。

  1. 體育教育訓練學

  2. 體育人文社會科學

  3. 運動人體科學

本學院は運動人體科學実験中心が國家體育総局と遼寧省重點実験室であり、體育社會科學研究中心が國家體育総局と遼寧省社會科學重點研究基地である。

學術隔月刊「瀋陽體育學院學報」はアメリカ「ケンブリッジ科學ダイジェスト」(CSA)出所の定期刊行物である。

國際交流

本學院は日本、韓國、アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、ベトナム、オーストリア、オーストラリアなどの國二十箇所大學やスポーツ組織と國際交流を締結した。フランスのリール(Lille)大學と協力し、「3+2」(本科3年、修士2年)継続する學生を養成することになった。アメリカ人、日本人、韓國人の留學生は數十人本學院では、勉強している。

キャンパス文化

教育理念:「以人為本,以體為本

価値の求め:中華體育精神を発揚し、ワールドスポーツの高い峰に勇敢に攀じ登る。

校訓:「厚德博學,弘毅致強」

「同船」と言う精神:「風雨同舟、利益與共、風險共擔、成果共享

校歌:「われわれは瀋陽體育學院に集合」

発展計畫

中國では一流、世界ではよく知られている體育大學を作り上げるのは21世紀に本學院が努力する目標である。これから、5-10年以內、科學発展観の指導の下に、規模、構造、質、公益の調和的な発展を実現しよう。學科と専攻では、體育學科を主として、教育學科、管理學科、文學學科は落ち著いて発展する。將來、全日制在校學生は8000人程、學科は15個、本學院で訓練をした各學制の學生は800-1000人、大學院生は600人、留學生は300人ほどに達する。競技體育には本學院の優勢を保つ。2008年と2012年のオリンピック、2010年と2014年の冬季オリンピックに我が學院の選手はきっとオリンピック大會に參加する。それに少なくとも金メダルを2個取る。専任教師は700人ほどに達する。ある學科、ある運動項目では中國では知名な學者を有する。

【説明】本學院紹介は中國語版などがあり、若し食い違いがあったら、中國語版に準ずる。


新聞作者: 責任編輯:張翼 新聞日期:2018-12-31 點擊: